プロフィール

屋号 想い出旅行社 まちひとしる
代表 吉田輝之
業務内容

ツアー企画、運営

街、観光に関するPR業務

セミナー、イベント企画、運営、ファシリテーター

 

電話番号

メールアドレス

090-1504-8728

machihitoshiru@gmail.com

 

 

 

こんにちは。
まちひとしるの吉田輝之です。

1967年7月19日に岐阜生まれ。
岐阜生まれと言っても親の転勤ですぐに福島の郡山に転勤したので、実質は郡山出身ということになりますか。
郡山には小学3年生まで過ごしました。

郡山駅からバスに乗って20分位の処に住んで、駅の近く(繁華街)に出るのを街に出ると言ってました。
小川でメダカやゲンゴロウを捕まえ、神社で基地を作り近所の友達と野球をするのが好きでした。

その頃は何故か、中日とロッテが好きでしたね。
野球と言えば、地方では巨人戦しかテレビで見られない。
それも、その時代は民放が2つしか無くラジオが主なる情報源でしたけど。
王選手が出てくるとラジオの前でワクワクしたものでした。
それでも、何故か中日とロッテ。
今でもその理由はわかりませんけどね。

 

小学生だと行動範囲は凄く狭いですよね。
行った事の無い地名を聞くと、どんな処なんだろうって好奇心で一杯になりました。
今でもその気持ちは変わりません。

 

その時からなんでしょうね。
地名、地理、旅というものに惹かれていたのは。

 

その後、また転勤となり小学4年生から住んだのは横浜市戸塚。
箱根駅伝の中継所すぐそばです。
郡山から戸塚に出る途中に興奮したのは、電車の多さ。
上野駅に着く特急ひばり号を降りてから、山手線、京浜東北線、常磐線などの電車が引っ切り無しに動いています。
祖母や親戚が東京にいたので、これまで何度も来たことがある都会なのに、何度も見た情景なのに何故か興奮収まらず。

 

東京駅から乗る横須賀線の車両の多さ、速さ、そして駅での乗り降りする人が多いこと多いこと。
特に川崎、横浜、戸塚と首都圏でも有数の乗降客の多い駅ですから。

 

その時からでしょうね、電車にはまったのは。
今で言う乗り鉄そして、切符収集、気になった駅でのぶらり散歩。
小学校4年からはお小遣いを握りしめ、友達といろいろ電車乗りに行ったものです。

 

多摩川園で遊んだり、神田やお茶の水で硬券の入場券や記念切手を買い求め、奥多摩駅の終着の雰囲気を味わう。
足尾線、両毛線にまで足を延ばしたこともありました。
今の時代なら、戸塚から足尾まで小学生を行かせてくれたでしょうか。
良く行ったものです。

 

そして郡山にも。
各駅停車と言うより鈍行ですね。
黒磯から先は客車列車が主流の時代でした。
動き出すと前の方から徐々に揺れてくるのを愉しんだものです。

 

鈍行は途中駅の矢板駅や白河などでしょっちゅう、特急や急行の通過待ちをしてました。
東北本線はひばり号を初めはつかり、やまびこ、つばさ、やまばと等の特急や、まつしま、いわて、あづま、ばんだい等の急行が多くは運行されてました。

なので、通過待ちの時は結構な停車時間です。
そうすると、どうしても駅をそして街を見たくなり下車したものです。
駅を撮影、いや撮影というより写真を撮り、ちょっとのぶらり散歩。

 

乗り換えの時なら時間はもう少し余裕があり、結構歩くのを愉しみましたね。
古河、小山、小金井、宇都宮なども。

 

そして鈍行も好きでした。
子どもの頃は、なんとくなくって感じでしたが。
好きでしたね、その地域(街)の雰囲気に触れるのが。
余所行きではない日常の生活に触れられることが。
特急や急行では触れる事の出来ない空間が。

 

もちろん寝台車(ブルートレイン)や特急も好きでしたよ。
停車駅前に鳴る汽笛一斉のオルゴールは今でも耳に残ってますが。

 

中、高校になるにつれ徐々に電車旅が遠のいて行きました。
部活や他の遊び(中高生は色んなことに興味を持ちますよね)に流れて行ったこともそうですが、鉄道好き(鉄ちゃん)をカミングアウトするのが恥ずかしい気持ちもありました。

大学になるとサークルやら呑み会やらで、夏は海、冬はスキーにと満喫してましたね。
ユーミンでは無いですが、サーフ&スノーの世界です。
※サーフィンやったことも無いです!

 

大学の卒業旅行で再燃したんですね。
街歩き、日常を旅するのが。
ニューヨークで観光客の行かないバーに一人で出歩き、地元の人と片言の英語で触れ合う。
隣に座ったおばちゃんにナンパされましたが。
それが凄く印象に残っているんです。
セントラルパーク、メトロポリタン美術館なども良いですが一番の思い出は地元の人との触れ合い。

 

その後、海外旅行に目覚め色々行きました。
そして行くのは、バスに乗って住宅街の公園に座り野球を眺めるとか。
近くのショップでパンとコーラーを買って。

 

地元の人しか行かないような店で朝食食べたり。
目的もなく電車や地下鉄に乗ったり。

 

私の場合、観光とは旅とはこういうその街の日常に出逢う事。

 

結婚し子ども生まれ海外にはなかなか出掛け難くなりましたが、それからはまた電車旅に再燃し独りでたまに同じ同行者と共に出掛けました。

 

47県全ての県を訪れました。

 

今の旅のスタイル

宿は前もって予約とかはしないです。
家族と出掛けるとか以外は。
行く方向を大体決めるだけで、その日何処で泊まるかは成り行き次第。
なんか良いな~って雰囲気の駅、街を見たら降りて歩いてみる。
その日の流れでどこで呑むかを決める。
良い呑み屋が見つかったら、それから宿泊先を決める。

 

宿泊先も混雑した時でなければ何とかなります。
※独りでGWや年末年始には出かけませんけどね。

 

そんな乗り鉄いや呑み鉄しています。

 

六角精児さんの番組で一緒に呑み鉄したいです。

 

ラジオ対談で旅に関する話を聴いてください。

 

経歴

岐阜市生まれ

郡山市にて1歳から小3までを過ごす

横浜市戸塚区 戸塚中継所ののすぐそばにて小4~社会人2年目の25歳まで過ごす

杉並区上井草  ガンダムと早大ラクビーの街にて 26歳から32歳までを過ごす

杉並区井草   結婚して32歳より35歳まで

茂原市本納   35歳からあこがれの田舎暮らしを始め現在に至る

家の周りには殆ど家が無い環境で、360坪の敷地で田舎暮らしを愉しむ。
15年間の田舎暮らし遠距離通勤を行う。

 

 

郡山市 めぐみ幼稚園

行健小学校

横浜市 汲沢小学校

汲沢中学校

汲沢高校

1年間の横浜関内にて浪人生活を送る

専修大学商学部商業学科 出身

新卒にて大日本印刷株式会社にて23年間勤務
営業及び品質保証の業務を行う

他千葉県内の宿泊サービス業、広告代理店に勤め現在に至る

 

他に野球観戦、マウンテンバイク(廃道探し)、筋トレ
B級酒場巡り、鉄道旅、島旅、地図を眺める。

 

 

 

フェイスブック
https://www.facebook.com/profile.php?id=100005005720588

 

Twitter
https://twitter.com/terukame72

 

Instagram
https://www.instagram.com/terukame72/

 

 

こちらもよろしくお願いします。
フォロー歓迎します!

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1504-8728

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • ぶらり散歩のススメ
  • ぶらり散歩ツアー
  • あなたに代わって思い出の地をお届けします
  • パーソナルツアー"

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP