まちひとしるとは


この画像が千葉県東金市にあるバス停。
地名の珍しさ、酒蔵が近くにあるの期待感からスマホでパチリ。

 

どの街にも良いところがあるんですよね。

良いところって言うと、ちょっと抽象的ですけど言うなれば見所、観どころです。
有名な観光地もないし、歴史ある由緒あるモノや建物もな

 

だから自分の住んでいる処には何もない。
人がわざわざ来て貰えるような処じゃないよ、この街は。

 

観光客が来ないような街に住まれている方からこのような事をよく聞きます。

でもね、良いところって別に特別な場所やモノ、ことではないと思うんですよ。

どんな街でも人が営んできた長い歴史があります。

最近出来たニュータウンだって20年も経てばそれなりの文化が自然に生まれてきます。

旅ってそういう人の歴史に触れる事じゃないですか。

有名な歴史的建造物や城、神社仏閣はその規模が少し大きいだけ。

日本や世界まで影響したとか、時の権力者に近い存在だったから知られているだけ。
歴史の教科書に載る様なものですね。

 

でも、教科書に載ろうが大河ドラマで取り上げられようが、どの場所、こと、にも歴史はあるんです。
その場所、地域にも歴史、ドラマが展開されていた。
視点を変えるわけでもなく、ただ歴史、ドラマを感じていれば良いだけ。

 

だから何処にでも歴史はあるのだから、何も無いなんてことは無い。

交差点にある地名の看板、いつもは当たり前だと思っていたけど考えてみるとあまり見かけない地名だな。
なぜこの地名。

 

普段はだれも来ないような神社。
初詣の時期にちらほら参拝客をちらほら見かけるだけ。
看板にある説明書きを見ると、ずいぶん昔からある神社なんだとわかる。
その頃に何故この場所に建てられたのか、これまで地元に人からどれだけ守られてきたのか。

 

街角にある雑貨屋さん。
普段はコンビニで飲み物を買ったりするけど、なんとなく店に入ってみると建物や調度品は古いが落ち着く雰囲気。
お店の人とも二言三言言葉を交わしてみる。
買い物って単純に、モノを購入するだけでないんだ。

 

駅前の居酒屋にふらりと入って見る。
カウンターに座り酒を呑んでいると、酔いも手伝ってかいつのまにか店主や隣のお客さんと愉しく話している。
初めて来た街だが凄く良い思い出になった。

 

誰にでもどこにでもそんな場所があるんですよね。

 

そんな場所を訪ね歩いてみませんか。

 

特別ではない普通の日常を歩き、味わってみる。

街と出逢い、風景を感じ、人との繋がりを愉しむ。

 

 

「想い出旅行社 まちひとしる」とはそんなことを体験できる場づくりを提供します。

一緒にぶらりと歩いて、新たな気付きしてもらえる。

 

 

ひとりで行くよりも「想い出旅行社 まちひとしる」で行くと違う旅を味わえる。

 

 

独りで家で酒を呑むのと、バーや居酒屋のバーに行ってカウンターに座り、店主や他の客との会話を愉しとの違いがあるように。

 

 

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-1504-8728

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • ぶらり散歩のススメ
  • ぶらり散歩ツアー
  • あなたに代わって思い出の地をお届けします
  • パーソナルツアー"

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP